ロイヤルピンボール

  • MYUQ

一人暮らしをするために必要な手続きは?役所でやるべきことや注意点を解説

一人暮らしをするために必要な手続きは?役所でやるべきことや注意点を解説 一人暮らしをするために必要な手続きは?役所でやるべきことや注意点を解説

一人暮らしを始めるにあたり、引っ越し前にやっておくべき手続きがあります。進学や就職で一人暮らしを始める方は、事前に必要な手続きや注意点を知っておくと引っ越し作業や役所での手続きなどがスムーズに進みます。

この記事では、一人暮らしを始める方が知っておきたい必要な手続きや注意点などをわかりやすく解説します。

一人暮らしをするために必要な役所での手続きと流れ

一人暮らしをするために必要な役所での手続きは転出届と転入届の2つです。転出届や転入届を提出して住民票を異動しないと、国や自治体からの通知が一人暮らしをしている住所に届きません。

今回は東京都千代田区※1を例に、転出届と転入届を提出する流れを順番に解説します。

  • ※1 参考

転出届を提出する流れ

ほかの市区町村に引っ越しをする場合は、引っ越し前に住んでいる市区町村に転出届を出しましょう。

例えば、東京都千代田区から他の市区町村に住所を異動する時は、次の方法で転出届を提出します。(2023年2月27日時点)

方法 手順
窓口
  • 1.引っ越す方あるいは委任状を持った代理人が、区役所総合窓口課または区内の出張所に行く
  • 2.窓口で転出届と本人確認書類を提出する
  • 3.転出証明書を受け取る
郵送
  • 1.宛名を記載し切手を貼った返信用封筒を用意する
  • 2.転出届(郵送用)と本人確認書類の写しを用意する
  • 3.上記を千代田区総合窓口課住民記録係に郵送する
  • 4.転出証明書が郵送される

基本的に引っ越しの日が決まったら転出届を提出します。引っ越し後に手続きする際は、東京都千代田区の場合、転出をした日から14日以内に手続きを済ませましょう。

なお、窓口で手続きを進める場合は、転出届を提出する方の本人確認書類が必要になるので、運転免許証や保険証などを用意しておくと良いです。

上記の方法で転出届を提出すると、転出証明書が発行されます。転出証明書がないと、引っ越し先の市区町村に転入届を提出できないので、紛失しないように注意しましょう。

なお、住民基本台帳カード、またはマイナンバーカードを持っている方は、転出届を提出して、引っ越しをしてから14日以内なら、転入先の市区町村で転入届を提出する際にカードを出せば、転出証明書なしで引っ越し手続きが行えます。

転入届を提出する流れ

ほかの市区町村から東京都千代田区に住所を異動する場合は、次の方法で転入届を提出します。(2023年2月27日時点)

方法 手順
転出証明書が必要
  • 1.引っ越した方もしくは委任状を持った代理人が、引っ越しをしてから14日以内に、区役所総合窓口課または区内の出張所に行く
  • 2.転出証明書と届出人の本人確認書類を提出する
  • 3.マイナンバーカードを持っている場合は、転入手続き後にマイナンバーカードの継続利用の手続きを行う
転出証明書が不要
  • 1.引っ越した方もしくは委任状を持った代理人が、引っ越しをしてから14日以内に区役所総合窓口課、または区内の出張所に行く
  • 2.カードと届出人の本人確認書類などを提出する
  • 3.転入手続き後、カードの継続利用の手続きを行う

転出届と違い、転入届は郵送でのお申し込みができません。そのため、引っ越しをしてから14日以内に窓口へ行き、手続きを済ませましょう。

なお、同じ市区町村に引っ越しをする場合は、転出届や転入届ではなく転居届を提出します。

転居届も引っ越しをしてから14日以内に手続きを行う必要があるので、マイナンバーカードや保険証などを持っていき手続きを済ませましょう。

一人暮らしをする前にしておくべき手続きと流れ

一人暮らしをする前にしておくべきことは以下のとおりです。

一人暮らしの住居のお申し込み

一人暮らしをする際に最初に決めるべきことは住居です。

学校の寮や会社の社宅以外の場合、不動産会社と賃貸契約を結ぶことが一般的な方法になります。契約の際には住民票と印鑑証明、前年度の源泉徴収票、連帯保証人の承諾書などを用意しましょう。

また、物件によっては敷金や礼金などの初期費用を事前に振り込む場合があります。敷金礼金は家賃の0ヵ月~2ヵ月程度が相場なので、合計すると家賃4ヵ月分~6ヵ月分を一度に支払う可能性があります。

一人暮らしをする際はある程度のお金を貯めておくと良いです。

水道やガス、電気などのお申し込み

一人暮らしをする物件が決まったら、水道、ガス、電気などを引っ越し日までに開通するように、手続きを進めます。

物件によっては家賃に水道光熱費が含まれている場合もあるので、まずは大家や管理会社に確認を取りましょう。水道やガス、電気の申し込みの流れは以下のとおりです。

手順
水道
  • 1.引っ越し先の郵便受けや台所の蛇口付近にある「お客様番号」を確認する
  • 2.水道局に使用開始の申し込みを行う
  • 3.申し込み完了後水道が利用できる
ガス
  • 1.引っ越し先で使用したい事業者を選ぶ
  • 2.事業者に申し込む
  • 3.開通の立ち合いを行う
  • 4.立ち合い後ガスが利用できる
電気
  • 1.引っ越し先で使用したい事業者を選ぶ
  • 2.事業者に申し込む
  • 3.申し込み完了後電気が利用できる

電気とガスは申し込み後、開通しないと利用できません。そのため、引っ越し日から利用できるように前もって手続きを進めましょう。

水道は、管轄の水道局によっては水道の開栓作業を行わなければ、水が利用できないところもあります。そのため、遅くとも引っ越し日の前日までには、水道局が作業できるようにする必要があります。

申し込み期限は水道局によって様々ですが、目安として水道の使用開始日(引っ越し当日)1週間前までに済ませておくと安心です。

なお、基本的に電気と水道は開通にあたり、立ち合いが不要となっています。

しかし、ガスは立ち合いを求められることが多いので、引っ越しのスケジュールと照らし合わせて決めると良いです。

インターネット回線のお申し込み

引っ越し先で光回線やWiMAXなどのインターネット回線を利用したい場合は、自分で申し込む必要があります。

例えば、UQ WiMAXを申し込む場合の手順は以下のとおりです。

1

UQ WiMAXの公式ホームページで引っ越し先が対象エリアか確認する

2

ホームルーター、あるいはモバイルルーターを選択する

3

個人情報や支払方法を入力する

4

入力内容を確認後、「申し込みする」ボタンを選択する

5

申し込み受け付け完了ご案内メールを確認する

6

ルーターが届くのを待つ

7

ルーターが届いたら初期設定を行う

なお、賃貸物件によっては回線をすでに導入している場合があり、契約できるインターネット回線が限られる可能性もあります。

新生活を快適に おうちのWi-Fi コンセントさすだけ WiMAX +5G 5Gは一部エリアで提供 詳しくはこちら

一人暮らしをするために必要な手続きの注意点

一人暮らしをするために必要な手続きの注意点は以下のとおりです。

一人暮らしが決まったら早めに準備をする

一人暮らしが決まったら、早めに賃貸物件や運送業者の手配などの準備をしたほうが良いです。

準備を始めたタイミングによっては、良い条件の賃貸物件がなかったり、繁忙期を迎えて運送業者が混雑したりして依頼できない可能性があります。

特に、3月~4月は新生活が始まる時期のため、非常に混雑しやすいので、早めに準備をするべきです。

転出・転入の順番に気をつける

一人暮らしを始める際に転出届と転入届を提出しますが、順番を間違えないように注意しましょう。

原則として、提出する順番は転出届が先で、転入届は後です。

転入届を提出するには、転出届を提出した時にもらえる転出証明書が必要になります。そのため、転出届と転入届の順番は逆にできません。

転出届を出さずに引っ越しをしてしまった場合は、引っ越し前の市区町村に郵送で転出届を提出して転出証明書を請求すれば、転入届を提出できます。

インターネット回線の工事は時間がかかる

光回線のような導入のために工事が必要なインターネット回線の場合、申し込んでから工事が始まるまでにある程度の時間がかかります。

インターネット回線にもよりますが、戸建住宅なら1ヵ月~2ヵ月、マンションでも2週間程度はかかる可能性があると覚えておきましょう。

混雑している時期の場合はさらに伸びるため、引っ越しが決まったら早めに連絡をすると良いです。

15日間無料お試し Try WiMAX

UQ WiMAXをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

ネットを契約するならUQ WiMAXがおススメ

一人暮らしを始める場合、市区町村の窓口で転出届と転入届を提出して、住民票を異動する必要があります。

また、引っ越しが決まった段階で早めに賃貸物件を決め、引っ越し業者に依頼し、ガスや電気、インターネット回線などを申し込むと良いです。

一人暮らしでインターネット回線を契約するならUQ WiMAXのお申し込みを検討してみましょう。

UQ WiMAXのホームルーターやモバイルルーターは工事を行わずにネットにつなげることができます。最短翌日で受け取れるので、すぐにネットを利用したい方におススメです。

WiMAX +5G対応! ホームルーター・モバイルルーター 製品・端末一覧はこちら

また、UQ WiMAXとUQモバイルが提供する「トクトクプラン」「ミニミニプラン」のいずれかに加入したスマホをセットで契約すると、「自宅セット割」※2※3の適用が可能でスマホ料金が最大1,100円/月割引されます。(コミコミプランは対象外です。)

一人暮らしを始めると、初期費用や毎月の生活費など出費がかさみます。

少しでも節約したいと考えているなら、「自宅セット割」やおトクなキャンペーンも行っているUQ WiMAXを検討してみてはいかがでしょうか。

  • ※2 対象のご自宅のインターネットまたはauでんきなどのご加入が必要です。
  • ※3 通話料(22円/30秒)など別途かかります。
スマホとセットでおトク au・UQ mobile スマホ料金が永年割引 WiMAX +5G 5Gは一部エリアで提供 詳しくはこちら
  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • 「au」はKDDIの登録商標です。

UQ WiMAXをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

WiFi関連記事

WiMAXへの乗り換えガイド モバイルネットは、WiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
おうちのネットはWiMAXに決まり! あなたの疑問解決します!
コンセントさすだけ おうちのWi-Fi WiMAX +5G 5Gは一部エリアで提供 詳しくはこちら
15日間無料でお試し Try WiMAX 条件等詳しくはこちら
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報