ロイヤルピンボール

  • MYUQ

iPhoneがWi-Fiにつながらない原因と対処方法をくわしく解説!

iPhoneがWi-Fiにつながらない原因と対処方法をくわしく解説! iPhoneがWi-Fiにつながらない原因と対処方法をくわしく解説!

iPhoneがWiFiに接続されていない状態で通信を行うと、データ容量を消費する原因となります。そのため、端末やルーターの不具合を解消して、接続可能な状態にすることが重要です。

この記事では、iPhoneがWiFiにつながらない原因を解説したうえで、WiFiに接続するための実践的な対処方法を紹介します。

  • 記載の情報は2023年11月時点のものです。

iPhoneがWi-Fiにつながらない6つの原因

iPhoneがWiFiにつながらない時のおもな原因には、ルーターの異常やiPhone本体の不具合、通信障害などが挙げられます。以下で詳しく確認していきましょう。

原因1

Wi-Fiのパスワードを間違えている

iPhoneをWiFiへ接続する際、パスワードの入力を間違えている場合は、接続ができません。

例えば、パスワードの英語の大文字と小文字の区別がきちんとできていなかったり、英字と数字を混同していたりするケースが該当します。

また、WiFiを接続するには、パスワードの入力と併せて、アクセスポイントの識別名である「SSID」の入力も必要です。このSSIDの名称が、接続対象のWiFiと適合しているかという点も確認が不可欠です。

特に、マンションなど集合住宅の場合、他の住人が使用しているWiFiのSSIDを誤って選択してしまうケースもあります。

WiFiルーター本体のラベルには、SSIDとパスワードが記載されていることが一般的なので、自宅で使っているWiFiであれば容易に確認できます。

ただし、初期設定からすでに変更している場合は、ラベルでは確認できないので注意しましょう。

原因2

Wi-Fiの電波が弱い

電波が弱い場合、WiFiに接続しても通信が途切れたり、つながらなくなったりするケースがあります。WiFiの電波が弱まる原因としては、「同じWiFiへの接続者が多い」「ルーターの周囲に障害物がある」などが挙げられます。

基本的にWiFiは同時接続台数の上限が設けられているため、規定の台数を超えた場合は電波が弱まる可能性があるのです。接続している端末数が多い場合は、その台数を減らしてみることをおススメします。

また、ルーターの周囲に障害があることで電波が弱まっているおそれもあるので、置き場所を変更してみるのもひとつの手です。

原因3

別のWi-Fiに接続されている

すでに別のWiFiと接続されているために、本来接続したいWiFiとつながらない場合があります。

例えば、近くにフリーWiFiがあると、iPhoneが自動で接続されてしまい、目的のWiFiと接続できていないことがあります。

WiFiの自動接続を解除する際は、以下の手順で実行可能です。

  • ※2023年6月時点の情報です。
step1

iPhoneのホーム画面の「設定」をタップする

step2

「Wi-Fi」をタップする

step3

接続対象ではないWiFiネットワーク名の右側の「i」のアイコンをタップする

step4

「自動接続」の項目をオフに切り替える

上記手順で、「自動接続」の項目が表示されない場合は、「このネットワーク設定を削除」をタップしたあと、「削除」の項目を選択することでWiFiの自動接続を解除できます。

原因4

ルーターに異常がある

ルーターに問題があるために、WiFiがつながらないケースがあります。

まず確認したいのは、電源コードがさし込まれているかという点です。掃除や模様替えなどの作業が原因で、ルーターの電源コードが抜けているおそれもあるため、チェックしてみましょう。

また、ルーターが故障している可能性もあります。モデルによって違いはありますが、故障時は機器正面のLEDランプが赤に点灯、もしくは点滅しているケースが一般的です。

メーカー保証期間内であれば無償修理も可能ですが、保証期間を過ぎていると有償修理となります。場合によっては、修理に出すよりも買い替えたほうが金額を抑えられます。

なお、ルーターをレンタルしている場合は、契約事業者に連絡して交換してもらいましょう。契約事業者によって交換に必要な期間は異なりますが、目安としては3日から1週間程度かかります。

原因5

iPhone本体に不具合がある

iPhone本体に不具合が発生して、WiFiがつながらないことがあります。原因としては、WiFiネットワークの設定や、iOSソフトウェアの不具合などが挙げられます。

WiFiネットワークを確認する場合は、ホーム画面の「設定」をタップしたうえで、「Wi-Fi」を選択することでオン・オフの状態をチェック可能です。もしもオフになっていた場合は、オンへと切り替えましょう。

また、落下による衝撃、もしくは水没などが原因でiPhoneに内蔵されている「WiFiアンテナ」が故障しているケースもあります。WiFiアンテナが故障している場合は、パーツ交換を行うことで修理が可能です。

原因6

通信に異常がある可能性

iPhone本体やルーター、WiFiのパスワードなどを確認しても異常がないにもかかわらず、WiFiがつながらないケースがあります。

その場合、契約中の通信回線側でなにかしらのトラブルが発生しているおそれがあるため、以下の状態に当てはまらないかチェックしましょう。

  • ・iPhoneの画面上で、WiFiのアイコンが表示されているのに通信できない
  • ・ルーターにパソコンを有線接続しても通信できない

通信に異常が発生するおもな原因としては、工事や災害が挙げられます。

通信障害に関して通信回線業者が把握していれば、各社の公式ホームページに情報を掲載している可能性もあります。WiFiを使用している地域で通信障害が発生していないか、確認してみましょう。

スマホ乗りかえるならUQ 詳しくはこちら

UQモバイルをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

iPhoneがWi-Fiにつながらない時の対処法

続いて、iPhoneがWiFiにつながらない時の対処法を6つ紹介します。

対処法1

Wi-Fiを一度オフにしてから再度オンにする

iPhoneのWiFi設定をいったんオフにしてから、再度オンへ切り替えることで通信できるケースがあります。再接続する際は、まずiPhoneのホーム画面の「設定」をタップしたうえで、「Wi-Fi」をタップしましょう。

その後、WiFi部分のマークをスライドさせることで、WiFiのオン・オフ切り替えが可能です。いったんオフにしたうえで、再びオンにすることで再接続の手順を踏みます。

なお、なるべくルーターの近くで再接続を行えば、よりスムーズにつながりやすくなります。

対処法2

iPhone本体の再起動・iOSの更新を行う

iPhone本体に不具合が発生しているケースでは、再起動することで、WiFiにつながる可能性があります。

また、iOSソフトウェアに不具合がある時は、アップデートによってWiFiにつながることがあります。iOSの最新バージョンがリリースされている場合は、以下の手順で実行可能です。

step1

「設定」をタップする

step2

「一般」をタップする

step3

「ソフトウェア・アップデート」をタップする

step4

「ダウンロードとインストール」をタップする

step5

パスコードを設定している場合は、パスコードを入力する

step6

利用条件を確認して、「同意する」をタップする

step7

更新データをダウンロード後、「今すぐインストール」を選択する

なお、iPhoneの機内モードを一度オンにして、再びオフにすることでWiFiにつながる可能性もあります。機内モードでは、通信を一括で遮断できるため、再接続の役割を果たします。

対処法3

ルーターを再起動する

ルーター側に不具合がある場合は、ルーターを再起動することでWiFiにつながるケースがあります。というのも、ルーターを再起動することで、内部にこもった熱の放散や、蓄積されたアクセスログ(通信記録)の削除ができ、不具合の解消になるためです。

ルーターの再起動は、電源のオン・オフで可能です。電源ボタンがない場合は、電源ケーブルを一度抜いてから、さし込むことで再起動ができます。ただし、ケーブルを抜きさしする際は、適切な接続の順番に関して、事前に説明書などで確認しておきましょう。

電源を切る時間の目安は、10秒以上です。電源をオフにした後、すぐにオンにすると、ルーター本体へ大きな負荷がかかるうえ、熱の放出がうまくいかない可能性があります。

対処法4

ネットワーク設定をリセットする

iPhone本体とルーターを再起動してもWiFiにつながらない場合は、iPhoneのネットワーク設定のリセットも検討しなければなりません。ネットワーク設定をリセットする手順は、以下のとおりです。

step1

「設定」をタップする

step2

「一般」をタップする

step3

「転送または[デバイス]をリセット」をタップする

step4

「リセット」をタップする

step5

「ネットワーク設定をリセット」をタップする

  • ※iOS14以前のiPhoneを使っている場合は、選択不要

ただし、ネットワーク設定をリセットすると、WiFiのパスワードやモバイルデータ通信の設定、Bluetoothのペアリングなどもリセットされるので注意しましょう。

特に、WiFiのパスワードを初期設定から変更している場合は、リセット作業を行う前に控えておくことが大切です。

対処法5

ルーターの配線や周囲などを確認する

ルーターに必要な配線がすべて接続されていることや、周囲に通信の障害となるものを配置していないことを確認しましょう。

もしもルーターを箱で覆っているという場合は、箱から取り出して、通信しやすい環境を整えることが重要です。

また、ルーターの設置場所を変える際は、以下のポイントに気を付けましょう。

  • ・窓際に設置する
  • ・1~2mの高さに設置する
  • ・障害物のない場所に設置する
  • ・iPhoneとの距離が近い場所に設置する

なお、WiFiに接続する端末数が多い場合は、数を減らしてみるのも手です。

対処法6

iPhone本体を修理に出す

iPhoneの画面上ではWiFiが接続できているにもかかわらず、実際にはネットへつながらない場合は、iPhone本体が故障している可能性があります。

iPhoneを正規店へ修理に出す方法は、おもに以下2つから選べます。

  • ・持ち込み修理:Apple正規サービスプロバイダ、もしくはApple Storeへ持ち込む方法(予約が必要)
  • ・配送修理:Apple指定の配送業者に引き取りに来てもらう方法

手続きの際は、Appleサポートのアドバイザーに電話やチャットでの修理相談が可能です。

スマホそのまま SIM乗りかえでおトクに UQ mobile対応機種要 詳しくはこちら

iPhoneに買い替える場合はUQモバイルがおススメ!

手持ちの端末から、iPhoneへの買い替えを検討している方は、UQモバイルでの契約がおススメです。

自身が使いたいデータ容量に応じて、プランを選べることもUQモバイルの特徴です。

データも通話もたっぷり使いたいなら「コミコミプラン」、使い方に合わせてムダなくおトクに使いたいなら「トクトクプラン」、手軽な料金で毎月スマホを持ちたいなら「ミニミニプラン」です。

お持ちのスマホをiPhoneに機種変更する予定の方は、ぜひUQモバイルでの買い替えをご検討ください。

iPhone・Android 充実のラインアップ 製品・端末一覧はこちら
  • ※本記事に掲載されている商品またはサービス等の名称は、各社の商標または登録商標です。
  • Apple、Apple Pay、iPhoneは、米国および他の国々で登録されたApple Inc.の商標です。iPhoneの商標はアイホン株式会社のライセンスにもとづき使用されています。
    TM and (C) Apple Inc. All rights reserved.
  • 「Wi-Fi」は、Wi-Fi Allianceの登録商標です。
  • 「Bluetooth (R)」は、Bluetooth SIG, Inc. USAの商標または登録商標です。
  • iOS商標は、米国Ciscoのライセンスに基づき使用されています。

UQモバイルをご検討の方、
お気軽にご相談ください!

  • 新型コロナウイルス感染症の影響によりUQ取扱店において営業時間の変更等をおこなっております。
    WEBサイトでのお申し込みの場合は、通常どおり、24時間受け付けています。

格安スマホ/格安SIM関連記事

「自宅セット割」好評受付中! 詳しくはこちら
UQ mobileへの乗り換えガイド スマホは、UQ mobileに決まり! あなたのギモン解決します!
期間限定のおトクな情報も満載 キャンペーン・おトク情報